デリヘルでガッツリ成功させたい女の子へアドバイス

初めてデリヘルで働くのなら失敗しないでしっかり稼ぎたいと考える女の子に見てほしい女の子のためのお話

*

デリヘルという未知の世界へ飛び込む為の知識

デリヘルという未知の世界へ飛び込む為の知識現在、日本全国でデリヘルは約8000店舗あると言われている中で、精力的な営業を行っているのが5000店舗程度と言われているのです。

在籍人数が多いお店となれば100名以上の女性が在籍しているのも珍しくありませんが、少なくても1店舗につき毎日数名は必ず出勤しているのは間違いありません、つまり数万人はデリヘルでアルバイトをしている女性がいるという事ですね。

さらに1日で辞めてしまう女性もいれば、短期間で辞めてしまう女性も普通にいますので、デリバリーヘルスが始まって10年以上経つ現在として、風俗嬢の経験者というのは珍しい話ではない程の人数というのは容易に想像できるのではないでしょうか。

多様化されるデリヘルのジャンルやシチュエーション

多様化されるデリヘルのジャンルやシチュエーション一言で言えば、素人女性と本番行為がない性的サービスになる訳ですが、現在のデリヘルはかなり細かく細分化された様々なお店があります、若い女性がバイトをしているデリヘルだけでなく、人妻専門店やSMなどの趣味性の高いお店、そしてエステやマッサージを取り入れたり、外国人専門店やぽっちゃり専門店などもあり、メイドやコスプレなどでシチュエーションを重視したデリヘルまであるくらいです。

多様化されたデリヘルですが、どんなデリヘルで働くのが貴女にとって最適と考えるのか少し内情にも触れてみましょう。

高級デリヘルや激安デリヘルでのアルバイト

高級デリヘルや激安デリヘルでのアルバイトまず高級デリヘルともなれば、言わずと知れた様に男性客が支払う金額がかなりの高額設定されている分だけ、女性への支払いも当然高くなります。

これだけ聞けばどんな女性でも高級デリヘルで働きたいと熱望するのでしょうが、現実的なデメリットも大きく存在するのです。

デリヘルは男性客の要望する場所まで女性を案内する為に送迎スタッフが存在するので、必然的に人件費や燃料費などお店の維持運営のコストが掛かる分だけ他の風俗より価格的にどうしても高額になってしまうのですが、高級デリヘルともなれば頻繁に利用できるお客様というのは、本当に極少数となります。

つまり、お客様の絶対数が少ない為に出勤しても今日は1人もお客様に案内されなかったという収益が全くない日も頻繁にあるので、計画的にバイトをしたらどれくらいの収益が入るという算段が全くつきません。

一週間、毎日出勤しても全く収入にならなかったなんて珍しくもない状況になる恐れがあります、さらに高額ゆえに求められる容姿、接客態度、プレイ内容に到るまで求められるレベルの高さもそうですが、本番ありというリスクさえもあるという事ですね。

そして激安店のデリヘルにもメリットとデメリットが存在します。

単価が安い激安店だからこそお客様は多数見込めますが、一般的なデリヘルより安価な分だけ客層も若くなる傾向があり、20代の男性客も珍しくなくなってきます。

激安店だからこそ1人接客して得れる収益も安く、ひたすら働いて割に合わない安い金額を得れるといっても良いのですが、働く女性といえば他のデリヘルでは稼げなかった女性が多く集まる場所でもあるだけに、デブやブスの最終到着地点になっているお店も珍しくありません。

一般的なデリヘルで稼げる金額

一般的なデリヘルで稼げる金額地域によっても年齢によってもデリヘルには相場というのがあります、言い方を変えれば若い女性と人妻など年齢を重ねた女性では価格差すらあるのです。

相場は地域性のものがあり、北海道や沖縄では破格値と言って良いほど安いので風俗天国と称されるほどデリヘルの価格が安く、首都圏で東京などでは必然的に値段が高く設定されます。

さらに東京などで本番があるお店は高級店によく見られますが、本番ができるから価格が高いとされるのに対して、地方のデリヘルでは通常価格で本番行為が普通といわれる場合も珍しくはないのです。

一般的に若い女性が1日に7~8時間ほど出勤して、5名程度のお客様が案内されたならば5~8万円程度は当日に持ち帰れるでしょうが、人妻専門店などは待ち合わせなどになり価格設定も安い事からも1日にコンスタントに3万円を持ち帰れれば十分というほど、稼げる金額に大きな開きがあるのも事実です。

そして女性ならば誰でも稼げる訳ではありません、人気嬢ならば短期間や短時間で大金を得れますが、全く稼げない女性に到っては完全無収入で時間や交通費を浪費したに過ぎないという厳しい状況にもなるのです。

問題は稼げない理由や自分をどれだけ理解しているかがポイントで、太っているから稼げないならば、ぽっちゃり専門店では人気嬢として稼げるという場合もあるのです、稼ぐという事に如何に徹底して割り切るかが大事かもしれませんね。

シチュエーション重視のデリヘルは成り切るのが重要

シチュエーション重視のデリヘルは成り切るのが重要メイドや学生服などのコスプレを頼む男性客もいれば、SM専門店で女性をイジめたいという願望をもつ男性客、女性へ虐げられるのが大好きなドMという性癖をもつ男性など、十人十色の性癖がある分だけデリヘルの専門店があるというのも間違いないです。

但し、デリヘルの運営者も商売なので人口密集地では特殊性の高いSM専門店でも働く女性も要望するお客様もそれなりに需要と供給がなりたつのですが、地方などの利用者が少ない地域ともなれば、一般的な需要のデリヘル店しかないという事になります。

そして、男性客が何を望んでいるかというのに当てはまれば当然リピートとして満足度が高く評価されるだけに、コスプレなどは恥ずかしがるだけでなく、デリヘル嬢がそのシチュエーションに成り切る事ができれば稼げるという意味でもあります。

ドMの男性がヒールで踏んで欲しいと言われたら、怪我をさせない程度の手加減は当然必要となりますが、オドオドしながらではなく『これがいいのか?こうして欲しいのか?』とジラしたり、時には命令して恥ずかしい事をさせた上でご褒美だと調教するくらいのがドストライクで当てはまる性癖の男性も世の中にはいるという事ですねw

入店したデリヘル店によって待遇も収益も違う

入店したデリヘル店によって待遇も収益も違う素人の一般女性からすれば、どのデリヘル店がどんな運営状況なのかは未知の世界ですし、実際に働いてみないと全く判らないというのが現実です。

風俗の商品は女性であるデリヘル嬢というのに間違いはありませんが、あくまでも商売道具として扱うお店もあれば、女性のメンタルケアから各種待遇面まで充実しているお店まで様々で、経営方針一つで大きな様変わりがあるだけに、全てのお店が理想とは限らないのです。

それだけ大事なお店選びですが、いくつかの基本を抑えれば特別大きな失敗にはならないというポイントだけは一応あるんです。

無難な方法ならば、まずは知人バレ防止策として問題なく通える範囲で出来るだけ遠方の地域にあるデリヘルを選びます、これは両極端な考えで知名度の高い繁華街ならばお客も多いしお店も多いけど、働く女性も多いだけに知り合いの女性とブッキングする可能性や遊びたいと思う男性も集まるので、地域によってはマイナス面もあるのです。

そして田舎でそこそこデリヘルが集まる地域ならば女性を確保するのを重要視するだけに、女性への無料送迎が充実していたりと待遇面でプラス効果がある可能性もあります、お客様は少なめですが働く女性も少ないので、結果として女性一人へ集まる男性の比率はさほど変わらないので収益的には差がないという場合も良くある話ですね。

どんな地域にどんなデリヘルがあるのかなどを把握して知名度のあるお店を探すならデリヘル情報 デリノートを利用するのが一番的確かもしれません。

地域からお店を選ぶ際には、在籍嬢でどんな雰囲気の女性や年齢層なのか自分とのマッチングを見て決めれば、自然といくつかの候補が出てくると思います。

そして電話番号を非通知にして求人募集へ電話問合せを行ってみてください、電話では本名や住所は知らせなくて良いですが、年齢やスタイルと風俗経験の有無程度は伝えるべきかもしれませんね。

デリヘルの公式サイトで本番行為は禁止と記載してあっても、警察対策で記載しているだけで現実は管理売春で本番ありというお店もあるだけに、電話問合せではプレイで本番があるかどうかは必ず聞きましょう、ここで誤魔化す様ならば避けるべきお店という事です。

電話対応が丁寧で当たり前、女性の都合を優先してくれるのが当たり前、無理にどんどん話を勧めてくるなどは、入店してからも同様と考えて避けるべきなど、複数のデリヘル店でいろんな問合せを検討してみるのが基本ですね。

公開日:
最終更新日:2017/03/09