デリヘルでガッツリ成功させたい女の子へアドバイス

初めてデリヘルで働くのなら失敗しないでしっかり稼ぎたいと考える女の子に見てほしい女の子のためのお話

*

デリヘルで働くときの源氏名

      2017/03/09

デリヘルで働くときの源氏名デリヘルや風俗でお仕事をするときにはほとんどの場合、本名とは別の源氏名をつけるものです。

これは友達や知り合いから風俗でアルバイトをしているのをバレない為という事を防ぐ対策としてもそうですし、芸能人みたいに役者さんみたいな名前をつけることで、完全にプライベートとは切り離した『デリヘル嬢』としての自分を演出することにも大きく役立ちます。

お仕事の間はデリヘルで名付けた源氏名での役として女優さんのように、なりきることが気持ちの切り替えとして大切だからです。

極たま~に本名でいいという人もいますが…かなりの変わり者くらいですね、『私ね~』とかではなく、自分の本名で『○○ね~』と話す癖があり、お客様に本名をすぐに話してしまうからという女性に多いのですが、地方などから出てきて知人に知られる可能性が全くないのか、全く後先を考えていないかのどちかではないでしょうか。

源氏名というのは、基本的には店の中でかぶることがなければOKなんですが、名前のニュアンスが近くて聞き間違える恐れも避けたい程度で、あとは自由なのですが、これがまた結構悩んだりするもの。

好きな芸能人やモデルなどから取るのもいいですが、『アンジェリカ』とか『トリンドル』など長すぎるものは避けたほうがいいですよね、何よりも外国人みたいな名前は状況次第で、韓国デリヘルなどと勘違いされてしまう場合すらあります。

難しい漢字が並ぶより、読みやすいひらがなやカタカナが良いです、それと自分のキャラからかけ離れているようだと名前負けしてしまいますw

クールビューティーな凜とした印象の子が『ラムちゃん』じゃちょっとね…

やはりお客さんに覚えてもらいやすくするためには、ひらがなで2~3文字くらいがベスト。

最近では20代くらいの比較的若い年齢層には『れ』が入った名前が多いですね、あとは、『らら』や『りり』『るる』など同じ音を繰り返すタイプ。

もう少し大人の女性になると昔人気のあった有名な風俗嬢などから取ることも多いようです。

デリヘルの源氏名は基本的に変更しない

デリヘルの源氏名は基本的に変更しない源氏名を変えたいと希望する女性で多いのは『稼げない女性』という場合がダントツに多いのです、名前を変更する事で新人と勘違いしたお客様が来るのですが、極論というか現実的な話として、男性客からすると前回失敗したブサイクにまた出逢ったというよりお店に騙された感が強くなり、お店の信用を失う結果になるのです。

そして源氏名を変更するリスクとして、今まで本指名であったお客様も失います、変更前からずっと本指名として通ってきたお客様であっても、お店としては新人と勘違いしたとか、お客様が名前を変更したのを認識して指名しているのか確認する訳にもいかないという事ですね。

但し、知り合いにデリヘルのバイトをしているのを疑われているなど、仕方の無い諸事情がある場合には友好的な手段ですが、この場合はお店の全面協力を得た上での名前の変更を行った方が絶対的に有利です。

知人バレしそうな名前と写真を残してダミー出勤させて、写真の再撮影でイメージを変えて名前を変える、いわゆる二重登録を行い、本指名のお客様から電話問合せがあった場合のみ、ストーカー対策等の言い訳をして名前が変わったと誘導するという方法などもありですね。

 - デリヘル嬢の悩み

  関連記事

入店の条件はパ○パン!?デリヘル嬢のむだ毛事情
入店の条件はパ○パン!?デリヘル嬢のむだ毛事情

人にはなかなか言えない悩み、女の子の永遠の課題でもある『むだ毛』 最近では脱毛と …

成田のデリヘルで人気嬢は見た目だけじゃない
成田のデリヘルで人気嬢は見た目だけじゃない

デリヘルを利用する男性からすれば、まずは写真で好みの女性を選ぶという方法になる為 …